WELCOME TO EVERYDAY COFFEE LIFE!!

チェリーから僕たちのカップまで100%沖縄で届けてくれる「OKINAWA CERRADO COFFEE Beans Store 」

OKINAWA CERRADO COFFEE 27

"Farm to Table to Cup"

できあがった一杯のコーヒーには、オムニバス作品のようにストーリーが詰まっている。

呉服屋から転身し焙煎所を開き、沖縄の街や市民のために働く人々のあいだで長く愛されてきたコーヒーがありました。時代は移り変わり、スペシャルティコーヒーが潮流となると、そのスタイルは生き方や社会のあり方を再考させるポテンシャルを持っていると気づきました。

コーヒーベルトに日本でいちばん近い南の島、沖縄。その奥深い歴史から生まれる魅力的な風土と食文化の上にできようとしている新しいシーン。僕の知る限りサードウェーブと農園の距離がこれほどまでに近くにあることは、世界でも少ないのではないかと思いました。

21世紀に生まれた「農場から食卓まで」を意味する"Farm to Table"という価値観。これはサードウェーブにとどまらず、各方面の新しいカルチャーを牽引するポートランドで生まれたこの言葉。レストランで起こったムーブメントをコーヒーに置き換えれば、お店のテーブルのさらに向こう側までを表現できると思いました。

バリスタとやり取りして気に入ったコーヒー豆を持ち帰って、思い思いにサーブされたお家のマグカップまでが、コーヒーの"Farm to Table to Cup"だと思います。

沖縄の地で創業30年を迎えた「沖縄セラードコーヒーBeansStore」は、今年から自社農園にて収穫・加工・焙煎まで全て沖縄でできたコーヒー豆の販売を始めました。農園からテーブル、そしてお家のマグカップまでを100%沖縄でそのストーリーとともに届けてくれるコーヒースタンドを紹介いたします。

湊川外人住宅をリノベーションしたコーヒースタンド

OKINAWA CERRADO COFFEE 19

随分前の話になってしまいますが2018年の1月、コーヒー園の収穫体験をするため沖縄に渡りました。コーヒー好きたちと行った日本最西端の県は、人生の中でも記憶に残るコーヒートリップで、道中では観光もしっかりと楽しんできました。

一泊二日の弾丸旅程でしたが、コーヒーロースターからビーントゥーバー、ローカルも行く沖縄料理の居酒屋からコーヒー園まで。

心残りはネイチャートリップ(沖縄の森にほど近いコテージに宿泊しましたが)だけだった旅の初日、沖縄のミックスカルチャーが色濃く残る南国の町にあるコーヒースタンドに訪れました。

グリーンのラインが映える店頭

店内は至ってシンプル。レジカウンターにコーヒー豆がディスプレイされ、奥にはロースターとエスプレッソマシーンが並ぶ素敵なスタンド。

コーヒー豆の販売と、試飲もありました。

創業時はオフィス向けの卸業だった焙煎所が、コーヒーの魅力を伝えるべく二代目の手によって始められたのが、このコーヒースタンドでした。

沖縄の島黒糖を使ってアレンジしたブラウンシュガーも販売されていました。メイドイン沖縄の文字が映えます。

エスプレッソを注文。

今回飲んだエスプレッソはブレンドのものでした。

ドリップコーヒーはカリタウェーブを使って。

一緒に行った友人はドリップコーヒーを注文。もともとは卸売りだけだった焙煎所を、お家で飲むコーヒーの楽しさも伝えるために作られたスタンドなので、ドリップするところもオープンにされています。

産地によって違うコーヒーの特徴や淹れ方、試飲も含めた販売でもあるので、気になったコーヒーについては聞いてみれば、よりこのお店の魅力がわかると思います。

100%沖縄の自社農園栽培豆「AGARIBARU」(期間・数量限定)が飲めるコーヒースタンド

OKINAWA CERRADO COFFEE 13

こちらのお店に行った一月、実はまだ自社農園栽培豆「AGARIBARU」はリリースされていませんでした。その後、春のトーキョーコーヒーフェスティバルにてお披露目され、自社農園の沖縄産コーヒー豆を焙煎までワンストップで提供されるコーヒースタンドとなりました。

「From seed to cup」とはスペシャルティコーヒーの概念でとても大事にされる言葉。コーヒーカルチャーが世界的にどんどん広まっているいま、素材のクオリティが味わいのほとんどを決めるコーヒーにとって、農園についてフォーカスされることがとても多くなりました。

農園のサスティナビリティ、コーヒーの2050年問題など問題も多い中、国産で美味しいコーヒーを生産しようと努力しているコーヒーショップがあることは、とても恵まれていると思います。

かくいう僕も、今回の収穫分は飲み逃したので、ぜひ次回のニュークロップを楽しみにして待っていたいと思います。

Shop info

店舗名沖縄セラードコーヒー Beans Store
住所〒901-2134 沖縄県浦添市港川2丁目15−6 No.28
TEL080-6486-4107
WEBWebsiteFacebookInstagram
営業時間OPEN(MON-SUN):11:00^18:30
定休日Public holiday(祝日のみ)
Coffee menuハンドドリップ エスプレッソ
その他豆販売 コーヒー試飲あり 自社農園沖縄産珈琲(期間限定)
ACCESS古島駅より約4km
MAP


AllSync

沖縄は歴史、風土、食文化、コーヒーカルチャーと魅力がいっぱいです。