StreamerCoffeeCompany gohongi

フリーポア・ラテアートストリートカルチャーのクロスオーバーに魅了されるコーヒーショップ!!

毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

'08フリーポア・ラテアートチャンピオンの澤田洋史さんが、代表を務めるSTREAMER COFFE COMPANY(ストリーマーコーヒーカンパニー)の5店舗目のお店に行ってきました。

澤田洋史さんは、ピッチャーから注ぐミルクのみで模様をつくるフリーポア・ラテアートをおこなうバリスタとして業界では最も有名な人。「ラテアートはスポーツ」という澤田さんがつくるお店は、スケートボードやバスケットゴールがインテリアとして置かれていたりします。

またYouTubeにあるSTREAMER COFFEE COMPANYのアカウントには、スケートボードで颯爽と街を滑ってお店に登場。エスプレッソマシーンを操りショットを落とす、そして華麗にラテアートを淹れるイメージビデオがアップロードされています。

このストリートとラテアートをクロスオーバーさせた新しいカフェのスタイルはこれまでになく、既存のコーヒーショップとは違う形でコーヒーのファンを増やしていると思われます。

すでに大昔の話に感じますが、スタバが日本に上陸、エスプレッソやセルフ方式の海外スタイルのコーヒーショップが日本のコーヒー文化に新しい波を起こしました。

世界でも日々進化し続けるカフェスタイルのなか、この日本ではフリーポア・ラテアートチャンピオンの澤田洋史さんはSTREAMER COFFEE COMPANYというストーリートスタイルのカフェを創られたと思います。

STREAMER COFFEE COMPANYの渋谷店には行ったことがあるのですが、その後「ストリーマーコーヒーカンパニー五本木」がオープン。最大の席数と規模を誇るというストリーマーコーヒーの集大成的お店で、日本でもトップクラスと思われるラテアートを味わってきました。


東横線高架下にある最大面積のSTREAMER COFFEE COMPANY

StreamerCoffeeCompany gohongi

写真の奥が暗いですが、学芸大学駅から線路高架下に沿って歩いていって、ストリーマーコーヒーが視界にはいったところ。


StreamerCoffeeCompany gohongi

こちらはお店の裏側になるので、少しわかりづらいところもありこの様に看板が置かれています。


StreamerCoffeeCompany gohongi

フリーWi-Fiの案内がありますが、店内のカウンター席には電源も確認できました。


StreamerCoffeeCompany gohongi

イベントなどでこちらにバイクを駐車したりなど、色々と使えそうなスペースが裏口にはありました。


正面入口は駒沢通りに面した高架下になります。

StreamerCoffeeCompany gohongi

コンクリートで舗装された入り口に照明がついた看板。20時まで営業されているので、夜に通りを走る車から見える看板はかっこ良いでしょうね。


StreamerCoffeeCompany gohongi

子供用の座席をつけた自転車などが停めてありました。店頭と店内が広いこのお店は、ファミリー層からも利用しやすいお店。


StreamerCoffeeCompany gohongi

少しスタ◯っぽい看板と一瞬思ったり。ベーシックなフォントの看板は、お店のブランドをイメージ付けるのに良いんでしょうね。ちなみにお店の2階には、フランス発の古着屋さんが入っているそうです。


高架下ということもあり、天井が高く開放感のある店内。

StreamerCoffeeCompany gohongi

入り口を入ってすぐの風景。

この左手側には2名がけのテーブルが3つほど、右手にはソファー席がありました。テーブルにはMacBookを広げて作業されている方、右手のソファー席にはベビーカーを持ち込んだ子連れのママ友お茶会が開かれていました。

やはり広い店内なので、こういったお母さんやファミリー層からも利用しやすいコーヒーショップになっています。


StreamerCoffeeCompany gohongi

そのまま奥の方に進むと、カウンター席、ソファー席が見えます。お店は本当に広く感じました。


6連特注のエスプレッソマシーンとレジ

StreamerCoffeeCompany gohongi

こちらのお店でよく話題になる6連のエスプレッソマシーン。その奥にレジがあります。


StreamerCoffeeCompany gohongi

レジ横にはドーナツやクッキー、グッズが販売されていました。


StreamerCoffeeCompany gohongi

今回はレジにてドリンクのみ注文。そこにフリーWi-Fiのパスが書かれています。120分の時間制限があるようですね。


StreamerCoffeeCompany gohongi

奥のクッキーはスケボーの上に!置かれていました。ここらへんがストリーマーコーヒーのカラーなんでしょうね。


StreamerCoffeeCompany gohongi

レジの左手側にはグッズ販売の棚も。


StreamerCoffeeCompany gohongi

このお店のエスプレッソマシーンは、6杯同時にエスプレッソを落とせる特注のマシーン。他のコーヒーショップで見るものより特大でした。ピッカピカの鏡面仕上のボディが目立ちます。


StreamerCoffeeCompany gohongi

エスプレッソマシーンの横にはコーヒー豆を挽くグラインダーが。その奥側で出来上がったドリンクを渡されました。


女性バリスタが作ってくれたストリーマーラテ¥550-

StreamerCoffeeCompany gohongi

最近はエスプレッソ系のコーヒーショップでラテを注文すれば、だいたいはラテアートを書いてくれます。ストリーマーコーヒーのバリスタはそんな中でも、リーフと言われる模様を描くことに注力しているように感じました。


特大のエスプレッソマシーンを裏から見たところ

StreamerCoffeeCompany gohongi

エスプレッソマシーンは本当に大きいですよね。入り口側のソファー席の様子も見えるでしょうか。


StreamerCoffeeCompany gohongi

コンデジで少しアップ気味で撮らさせてもらいました。よく見ると左手側には水出しコーヒーもありますね。アイスコーヒーのメニューとして使用されているのかは、未確認ですが。


エスプレッソマシーンの裏側には、コの字になったカウンターとドリッパーが並んだスタンドが。

StreamerCoffeeCompany gohongi

裏口に近いカウンター席に座ったのですが、その中をよく見るとこれまたストリーマーコーヒーらしいコーヒーグッズが。


StreamerCoffeeCompany gohongi

スケートボードをベースに作られたドリップスタンド。奥にはサイフォンも見えます。


StreamerCoffeeCompany gohongi

僕は自分の趣向にあわずとも、こういうコーヒーグッズが大好きなのでまじまじと見ちゃいました。調べたところ情報はなかったのですが、ハンドドリップセミナーなんかも開いたりしているのかも知れませんね。


ストリーマーコーヒーは、澤田さんがラテアートを始めるきっかけとなったシアトルのバリスタや、コーヒーカルチャーを体現したコーヒーショップ

StreamerCoffeeCompany gohongi

澤田さんがなぜラテアート、バリスタを始めた理由は、留学中にシアトルの小さな個人店に入ったときのこと。Tシャツの裾からタトゥーを覗かせた鼻ピアスのバリスタが作ってくれたラテアートに衝撃を受けたから。

海外ではスケートボードで出勤して、そのままストリートファッションで働くバリスタのスタイルが、同じくスケートボードやスノーボードをする澤田さんにとって、非常に魅力的に感じたそうです。

そのインタビューを読んで、ストリーマーコーヒーカンパニーのストリートスタイルの理由に納得がいきました。

日本ではこういった他ジャンルの雰囲気を感じるコーヒーショップは少ないと思います。かっこいいラテアートの世界を、ぜひ唯一無二のストリーマーコーヒーカンパニーで味わって見て下さい!


Shop info

店舗名STREAMER COFFEE COMPANY GOHONGI
(ストリーマーコーヒーカンパニー ゴホンギ)
住所東京都目黒区中央町2-36
TEL03-6452-3145
WEBWebsiteFacebookTwitter
営業時間月~金 7:00~20:00
土日祝 11:00~20:00
定休日不定休
Coffee menuエスプレッソ ラテアート
その他Wi-Fi 電源有り グッズ販売 ペットOK 豆販売
ACCESS「学芸大学駅」から徒歩約6分
MAP

AllSync

いつの間にか僕が住む関西にも、ストリーマーコーヒーカンパニーができました。今度、行ってみようと思います。