Design20150617

img via OvreForsland -Face book


自然が豊かで、家具の優れたデザインや充実した福祉政策など、昨今、日本で注目される事が多い北欧の国ノルウェー。そんなノルウェーでとても絵になる美しい水力発電所を見つけました。

毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

実は、ノルウェーは国内の電力の95%を水力発電でまかなっている「再生可能エネルギー」大国。そんなノルウェーで作られた水力発電所には見えない「Øvre Forsland(ウーヴレ・フォシュラン)」は、一見すると前衛的な建築家が設計した博物館か図書館のよう。

そんな北欧デザインを象徴する「Øvre Forsland(ウーヴレ・フォシュラン)」のようなスタイリッシュな“デザイナーズ発電所”は、ノルウェー北部の大手電力会社「ヘルゲランズクラフト(Helgelands Kraft As)」が所有する発電所で、同社は他にもこういった水力発電所の建設を手がけています。

北欧の厳しくも美しい自然と、人の営みを融合させる再生エネルギー発電所の風景に感動したので、シェアしたいと思います。


ノルウェーのヘルゲランド(Helgeland)地方で、森に寄り添うように作られた水力発電所

Design20150617

山の麓に溶け込むように優しく存在する発電所の風景。豊かで美しい自然の風景が心を捉えますよね。この発電所の発電量は30ギガワットで、1600世帯の1年分の消費電力に当たる量を発電できるそう。

見た目にも美しいこの水力発電所は、ヘルゲランドの名所となっているようで、観光資源としても期待されています。


自然の豊かな恵みを持つ国ノルウェー

Design20150617

ノルウェーは北欧の国の中でも原子力発電所をもたない国の一つで、それでいて北海油田の石油産出量が世界で5位という資源大国でもあります。ですが、もとから豊富だった水資源を古くから活用しているので、自国の豊富な石油資源はほとんど輸出されているそう。


Design20150617

ノルウェーの国土は38万5千平方キロメートルで、日本の国土とほぼ同じ。年間降水量も沿岸部では2000ミリに達するなど、日本と同じく“水の国”と言えます。

そして日本と比べて大きく異るところは、ノルウェーの人口は約490万人ということ。人口密度が日本では1平方キロメートルあたり339人に対して、ノルウェーはなんと13人になっています。

日本人に比べると23倍もノルウェー人のほうが自然の恵みを享受できるといえる数値だと思います。



ノルウェーの著名な建築家集団が設計したデザイナーズ発電所

Design20150617

まっすぐ生える針葉樹林の森からインスピレーションを受けてデザインされた外観。外壁の木材は地元の耐久性の高い木材が使われているそう。ガラス張りの壁は、内部を見ることができて、発電のようすを外から確認できるようになっています。


Design20150617

発電所のフェイスブックページには、建設途中の工程の写真がたくさん紹介されていて、見応えがあります。


Design20150617

実際に発電所が建てられてた場所の整地前の風景。水力発電所はほんとうに大自然の山の中に作られています。


Design20150617

先ほどの整地された場所に作られた建屋。ちなみに建物に使われている石材も氷河期から残存する石が使われているそうです。よく見ると建物後方の上部に水路になるトンネルみたいなものが見えます。


昼と夜で違う表情を魅せる発電所は、本当に美しい

Design20150617

最初に紹介した写真と一緒のものですが、次の夜の発電所を収めた写真と比較してください。


Design20150617

なんと夜は発電所の中が、カラフルに灯されます。夜になると電灯を使ってわざと人工物として、自然の中で強調される様にデザインしたのでしょうか。


Design20150617

水面に映るエレクトリカルな光と、北欧の澄んだ空気を想像させる星空の対比が、幻想的です。


Design20150617

img via Helgelandskraft, Vannkraft | Vakker Vannkraft


ガラス張りの建物なので、外からこういった風景がみられます。こういったアートな側面も付加して、将来は日本でもノルウェーの観光名所として、メジャーになりそうですね。しかし、このカラフルな照明は作業しにくそう。(笑)


そして、環境先進国ノルウェーはその先を見据えている

Design20150617

水資源の豊富な国ノルウェーでは既に水力発電所の60%が開発済みと言われているそうです。

残りの40%は新規に水力発電所として開発するためのダム建設が難しく、もうすでに違う発電エネルギーが研究されています。隣国のスウェーデンやデンマークのように風力発電を開発している電力会社や、更に次世代の自然エネルギーといわれるものも。

それが海洋エネルギーといわれるもので、海洋エネルギーには、「潮力」「浸透圧」「海洋熱」と多様なものがあり、ノルウェー政府ではこのような海洋エネルギーを研究する企業に対して補助金を出しています。

もうすでに潮力発電では商用化されており、スコットランドの会社に納入が決まっている事例もあるそう。

海に囲まれた世界的に見ても水資源が豊富と言われる日本。地震による福島原発事故が起きてから、日本のエネルギー政策は見直しを迫られている事は確か。北欧の国々のように、自然を利用した再生可能エネルギーを日本も真似していって欲しいと思いました。


最後にこのノルウェーの美しい自然と、水力発電所の動画を紹介します

Bygging av kraftstasjon Øvre Forsland august 2014 from Helgeland Kraft on Vimeo.


Et vannkraftverk kan også være en attraksjon og rett og slett meget vakker. Norges vakreste vannkraftanlegg i Øvre Forsland i Leirfjord kommune.Bygd av Helgeland Kraft . Spenstig å få lov å vær en del av en sånn organisasjon som tørr å være innovativ og satse, selv om strømprisene for tida er lave. Offisiell åpning 29. august.

Posted by Elin Rønning on 2015年3月17日

【情報元】資源大国ノルウェーが建てた“美しすぎる”発電所 | COURRiER Japon NEWS
【データ参考】自遊人
【参考】stein hamre arkitektkontor as
【画像引用】Øvre Forsland | Facebook
【画像引用】Helgelandskraft, Vannkraft | Vakker Vannkraft


AllSync

北欧の国ノルウェーは、最近は首都オスロのコーヒーショップでも有名な国。この記事を書くにあたってノルウェーという国の環境先進国としての一面も知れて良かったです。