WELLCOME TO EVERYDAY COFFEE LIFE!!

【Yahoo!Wi-Fi使用レビュー】Yahoo!Wi-Fiの「303HW」を契約!気になる繋がり具合、通信速度、通信制限の使用感をレビュー。

303HW

ずっと契約しようと思って、なかなか契約していなかったポケットWi-Fiをやっと契約しました。

毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.です!僕は普段MacBookProの13インチを持ち歩いていて、通勤途中にブログの下書きをしたりしています。ですが外で自由に使えるネット環境がなかったのでなかなか不便な思いをしていました。

色々調べてからYahoo!Wi-Fiの「303HW」を契約することにしました。これでブログの下書き以外にオンラインで作業が出来るようになって、満足しています。まだ1週間も経っていないのですが、気になる繋がり具合や通信速度、通信制限の具合(予想)をレビューしたいと思います。


まずはYahoo!Wi-Fiのサービス内容と料金を確認。

303HW
  • Yahoo!プレミアム(380円/月)への同時加入(同時加入で6ヶ月間無料)で、業界最安値(記事執筆時点)の月額2,743円になる仕組みになっています。なので実質の支払いは月額3,123円になります。
  • Yahoo!Wi-Fiのサービスは2年縛りであり、2年以内での解約の場合は、契約解約料を支払う。(プランにより異なるが契約期間によって38,858円∼9,600円の範囲で料金が発生。)
  • 通信速度は下り最大110Mbps。通信制限はYahoo!Wi-Fiはひと月に7GB超えた場合と、前日までの3日間の利用が約1GBを超えると通信速度の制御が発生します。
  • 初期費用は契約手数料の3,000円のみ。(他社サービスだと約10,000円∼20,000円がか初期費用にかかる所もありました。)
  • 電源を入れて約5秒でクイック起動。
  • 2400mAhの大容量バッテリー搭載で、約9時間のWi-Fi連続通信、約9時間のフルセグと約11時間のワンセグの視聴が可能。
  • 端末機種にこの303HWと専用アプリの使用で、iPhoneやAndroid端末でTVが見られる。(他サイトのレビューでは、テレビなんか見れなくていいからその分端末の性能を上げろとの意見が多いですが。(笑))

※料金や通信速度、制限はHPで確認しましたが、時期により内容が異なったりします。各詳細は必ず公式サイトで御確認下さい。



特に気になるポイントをまとめると上記の感じでしょうか。僕が外でポケットWi-Fiを使用したいのは通勤の時と、たまに外でブログをいじる時くらいなので、通信量は少ない方だと思います。なので1番コストの低いYahoo!Wi-Fiを選択しました。

僕の考えではYahoo!Wi-Fi補助的にポケットWi-Fiが必要な方にお勧めです。ポケットWi-Fiをメインに家でも外でバリバリ使いたいって方は、通信無制限のWiMAXの方が良いかもしれません。


それでは届いた303HWの箱の内容物の確認と端末の電源を入れようと思います。

303HW

公式HPの謳い文句通りに、前日の14時にネットで注文したのですが、ちゃんと翌日までの夕方ごろに届きましたよ。記事トップの写真に写っている白い箱が、ワイモバイルのひと回り大きいダンボールに入って届きます。最初「あれっ??Yahoo!Wi-Fiを契約したよな...」って思ったのですが、Yahoo!Wifiはワイモバイルのサービスなんですよね。(イーモバイルはYahoo!に買収された為)。

白い箱の中に入っていた内容物は、303HW本体マニュアルUSIMカードバッテリーUSB充電ケーブルでした。ここであったら良かったと思ったのは、コンセントも使って充電できるアダプターがあったらいいな〜と思ったのですが、別売りでした。



端末の303HWをiPhone5と比べました。iPhone5より少しだけ重たくひと回り小さくて、持ち運びには全く気にならない重さとサイズでした。

303HW

HW303はiPhone5よりも幅がひと回り以上小さく、逆に厚みが倍くらいあります。重さ公式HPで約130gとなっているのですが、iPhone5が重量112 gなので、ほんのちょっと303HWの方が重いと感じるくらいでしょうか。



303HW

HW303の上部の左側が電源ボタン、右側が収納式のテレビアンテナです。アンテナはひと昔前のガラケーについていたワンセグ用のアンテナを思い浮かべてもらえばいいかと思います。



303HW

右側には、「EXT ANT」の文字が。説明書には外部テレビアンテナ差込口となっています。



303HW

下部にマイクロUSBの差し込み口があります。



303HW

裏側部分。特に何もありません(笑)。



303HW

それではUSIMカードの挿入と、バッテリーの取り付けをしていきたいと思います。電源ボタンそばの側面角に電池カバー取り外し用くぼみがあって、そこから裏蓋を外します。



303HW

裏蓋を外した左側にSIMカードを差し込む箇所があって、右上に見える小さな赤いボタンがリセットボタンです。



303HW

赤い台紙からUSIMカードを外し、USIMカードをロックするカバーを上に上げてから、カードを本体に挿入します。



303HW

カードをロックするカバーをセットして、これでUSIMカードの挿入はOKです。



303HW

その上に充電パックをセットします。



303HW

microUSBケーブル使用でフル充電するのに約6時間かかるようです。もちろん充電時からWi-Fiは使用できます。



303HW

タッチスクリーン操作で簡単に設定ができました。初期設定という程の設定をすることもなく、303HWに接続してセキュリティキーを入力すればすぐにインターネット接続ができました。



気になるのはちゃんと繋がるのか、どれくらいで使用制限にかかるのかっていうことですよね。

実際の使用感と参考になるポイントをまとめると...



  • 7GBは毎日1時間動画をみたとして到達する通信量とソフトバンクなどのHPに案内があります。ですが、高画質ファイル(フルHDサイズ)で計算するとちょっと計算がかわってきます。例えば、YouTubeにあるAKB48の「ヘビーローテーション」のPVでファイルサイズが約48MB/5分37秒という動画があります。そういったサイズの動画ばっかりを見たと計算すると、14時間3分再生すると7GBに到達するということになります。
  •   
  • つまり動画や大容量ファイルのダウンロードを頻繁にする方には不向きかもしれません。
  • 僕はブログに資料を探す(テキストがメインのHP)用途で約1日1時間程度の使用で、5日間で約500MB程度の通信量でした。家にはメインのネット環境があって、外出時などに限定した使用方法であれば、7GBは充分な通信量と思われます。
  • あと、掲示板などに書かれている不評で「基本的にネットに繋がらない」という内容なのですが、今のところ使用していて不具合や不便さは全然感じていません。僕は通勤が遠距離なもので、快速電車など移動の早い乗り物に乗って使用しているのですが、携帯電波が届いている限りインターネットに繋がらないという不便さは感じたことがないです。

※あくまでも僕個人の正直な使用した感想です。使用される環境によっては、使用感が変わるかもしれません。契約は個人の責任でもってお願い致します。



AllSync

個人的には契約して大満足しています。やっぱり毎日更新が目標のブログとしては、外出時のネット回線はマストでした...。(今更ww)