Mac20160508

Original Update by: William Hook / CC BY-SA


新しいMacBookを買ったら、絶対みんなが調べること。それは、「どうやってバッテリーを長持ちさせる??」でしょうか。

毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

僕の愛器はMacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)なんですが、購入したのは約一年半前。買った当時に、起動したMacBookですぐ調べたのは「MacBook バッテリー 長持ち」でした。

すでにマカーの諸先輩達によってまとめられた有益な情報がたくさんありますが、僕が特に意識しているのが40%〜から80%のあいだで使用と充電を繰り返すということ。

もちろん出先で使用したときなど、充電がなくなるまで使用したりと完璧に守れていません。

ですが、就寝前には仕事に行くまでの時間を計算して、起床して家をでるまでに80%まで充電できるようにしたりと、残りのMP(マジックポイント)を気にかけて冒険するドラクエのように取り扱っています。(笑)

しかし僕が2年くらい勘違いをしていたことがわかりました。今回は、そんなMacbookのバッテリーに関することを書きたいと思います。


Macbookのバッテリーはフル充電サイクル1,000回で交換を推奨。

Mac20160508

Original Update by: Mac Users Guide / CC BY-ND


MacBookは充電回数とバッテリーの最大容量を確認できるのですが、充電の仕方に気をつけていれば使用寿命が伸びると思っていたのですが、違いました。

充放電回数:バッテリーは所定の充放電回数までしか充電できません。この数字は、バッテリーの寿命を通じた、完全放電と部分放電の合計回数を表します。お使いのコンピュータの充放電回数の上限については、こちらの記事を参照してください。

バッテリーの充放電回数が決まった上限を超えると、バッテリーは消耗したとみなされます。

via: Mac ノートブックのバッテリーについて - Apple サポート
バッテリーの充放電回数について

Mac ノートブックのバッテリーの劣化具合は、充放電回数という形で判断できます。ここで言う充電回数は、バッテリー電力をすべて使い切った時点で 1 回とカウントされます。実際に充電する回数は必ずしも 1 回であるとは限りません。たとえば、ノートブックを 1 日 1 時間以上使ってバッテリー容量の半分を消費した後、完全に再充電したとします。翌日も同じことを繰り返した場合、充電回数は 2 回ではなく 1 回とカウントされます。このため、充電回数 1 回分の充電に数日かかることもあります。

バッテリーの充電回数は上限が決められています。上限を超えたら新しいバッテリーに交換することをお勧めします。充放電回数が上限を超えてもバッテリーを使い続けることはできますが、バッテリーの駆動時間は短くなります。バッテリーのこれまでの充放電回数と、あと何回充放電が可能かを把握できれば、バッテリーの交換時期がわかります。快適にご利用いただくためには、充放電回数が上限を超えたら新しいバッテリーに交換してください。

via: Mac ノートブックのバッテリーの充放電回数を確認する - Apple サポート

結論:長持ちさせる方法は、あまりバッテリーを無駄に消費しないこと

僕は勝手に充電方法を工夫すれば、バッテリーは長持ちするんだと思っていました。ですが、Macbookのバッテリーは「充電した電量」で充電回数をカウントします。

つまり、30%から60%に充電、次の日に30%から100%に充電。すると充電の総量は2回分を合わせると100%になる。その時点で充放電がワンカウントされる計算方法になっています。

つなりMacbookのバッテリーはを長持ちさせる一番の方法は、無駄な機能やアプリを使わないで必要なくバッテリーを消費しないということになりますね。


バッテリー残量を40%から80%での使用に意味はあるのか??

Mac20160508

Original Update by: icatus / CC BY-NC-ND


100%になった状態で 、そのまま過充電を続けるのはリチウムポリマーバッテリーには良くないそう。

では、よくMacのTipsで目にする「バッテリー残量を40%から80%で使う」というのは意味があるのか。


Cadex Electronics社の最高経営責任者(CEO)であるイジドア・ブックマンはWIREDに、80%まで充電して40%まで使うのが理想だと語った。そうすれば、バッテリーの耐用寿命は長くなり、場合によっては4倍にもなるという。

via: ノートPCのバッテリー寿命を「4倍延ばす」方法|WIRED.jp

「40%から80%使用すれば寿命が伸びる」というのは、カナダのバッテリー関連会社の経営者からのコメントがあるようで、信じられることかなと思っています。

とりあえず、僕のMacbookは今のところ223回の充電サイクルとなっているので、1000回を超えるころにバッテリーの現状は実際どうなっているのか、記事にしたいと思います。


AllSync

1000回を超えるころ、バッテリーパフォーマンスはどうなっているのか楽しみにしています。