Rc200dz

Original Update by: Mark Hunter


電動工具メーカーのマキタが、シャープと共同開発したお掃除ロボットのフォルムが超かっちょええ!!

毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

マキタが作った業務用のお掃除ロボが、先駆者として知られるアイロボット社の「ルンバ」と日本メーカー「マキタ」の名を掛けあわせて、ネットで「マキタルンバ」として話題になっています。

この製品は、正式名称「ロボットクリーナ RC200DZ」という家庭用では市民権をえた家庭用ロボット掃除機の業務用版といえるもの。

工具メーカーが作るお掃除ロボの無骨なメカ感がかっこよく「マキタルンバ」として話題の製品をプレスリリースなどで調べてみました。


なんだか男心くすぐられるフォルムの「マキタ ロボットクリーナー」

RC200DZ

img via: www.makita.co.jp/ir/documents/press/2015/20151029_2.pdf


どうですか!?このロボット感あふれる無骨なフォルム。工具メーカーであるマキタのイメージカラーを、全面に押し出したボディが超かっこええ。操作中に点灯するっぽいライトの配置も何かいい!


業務用と言われるその「マキタルンバ」の能力は!?

RC200DZ

img via: www.makita.co.jp/ir/documents/press/2015/20151029_2.pdf


特筆すべきは、容量の違うバッテリー(マキタ製の工具用バッテリーが使える)が選べて、そのうち1種類を2本装着することができます。それにより容量が大きい5.0Ahのバッテリーでは約200分、小さい方のバッテリー3.0Ahで約120分の運転が可能。

面積にすると約500m平米(テニスコート約2.5面分)にもなります。

またゴミの集じん容量は、2.5リットルの大容量。家庭用のルンバだと0.6リットルくらいなので、業務仕様のお掃除ロボといえる集じん能力を備えています。


RC200DZ

タテ・ヨコ46センチの高さ18センチとなかなかのボリュームのメカですよね。本体重量も6.6kgとなっています。




この実際の動きを見てどうでしょう。昔、現場系の仕事をしていたのでこのマキタマークにはちょっと愛着があったりします。

工場や工事現場でなどでよく見かけることが多いマキタブルーのこのボディ。職業柄よく見かける人にとっては、そのマキタがルンバのようなお掃除ロボになっているのってちょっと面白いですよね。

家庭用に購入することは、まあなさそうですけも。(笑)



AllSync

現場仕事をしているときは、なんとも思わなかったマキタのロゴ。今みると、ちょっとカッコイイ気がするのは気のせいでしょうかww