WELCOME TO EVERYDAY COFFEE LIFE!!

広島でお好み焼きを食べるという旅。「お好み焼き 越田 (こしだ) 胡店」

Okonomiyaki koshita 29

旅をする上でもっとも大事にしたいこと、それはその土地の食べ物や習慣、言葉に触れること。

もう二ヶ月も前のことですが、GWに広島を旅して「お好み焼き越田 胡子店」で広島のお好み焼きに舌鼓をうってきました。歓楽街にほど近いこのお店は、仕事帰りの女性客や、夜の街に繰り出す前の腹ごしらえに来た男性グループで賑わうお店。カウンターで鉄板を前にしながら店員さんとのお喋りを肴に、ハイボールを流し込むおっちゃんたちの声が旅の食事を彩ってくれました。

僕はカウンターの喧騒から離れたテーブル席で、牡蠣の焼きものとハイボールで一杯嗜めつつ。お好み焼きを焼く鉄板の賑やかさと、広島の喧騒に耳をそばだてておりました。まさしく五感を使って「これこそ、旅の醍醐味だなぁ」とひとりほくそ笑みながら過ごしたお好み焼き店のお話です。



路面電車とタクシーを乗り継ぎお好み焼き店へ

Okonomiyaki koshita 7

広島市内のホテルに宿泊することになってから、食事はお好み焼きだと決めていました。ホテルまでは広島の路面電車、そこからお店まではタクシーを使っての移動中の話。

「この広島焼きのお店にいきたいんですが...」「ああ、あそこのお好み焼きは美味しいよ」「やっぱり地元の人たちはよく広島焼きのお店に行くんですか??」「そうですねぇ、こないだも私はそこにお好み焼きを食べに行きましたよ。」

観光客を乗せなれたとても気さくな運転手さんとの会話。僕はちょっとした違和感になかなか気づかないまま話を続けました。「広島焼きも色々と好みのお店があるんですかね??」「そうですね、わかりやすいものだと麺の太さとか、ソースが辛いか甘口か。今から行くお好み焼き屋さんは私も好きですよ。」

おしゃべり好きな運転手さんとの広島の食べ物についての話はとても驚異深くてあっという間にお店に着きます。支払いを終えてタクシーとお別れをしたあと、「そうか、広島焼きって言わないんだよなぁ。」と、違和感の正体に気づくも時すでに遅しでした。


越田のメニュー

Okonomiyaki koshita 21 Okonomiyaki koshita 22

お店には白州の空き瓶がずらりとディスプレイされていて、ドリンクメニューはハイボール押し。お食事メニューもお好み焼きを中心に焼き物とちょっとした肴系が一ページに収まるシンプルな構成。どこかのチェーンと違って食べさせたいものがはっきりしているお店は、メニューもすっきりしていて選びやすい。


ゆっくり食事ができるベンチシートのテーブル席

Okonomiyaki koshita 25 Okonomiyaki koshita 24 Okonomiyaki koshita 28

越田はガイドブックにもネットでも検索すればすぐに出てくる有名店。そしてお店のすぐそばは大人が楽しむ歓楽街。ここいらで遊ぶ人は、飲んだあとの〆にお好み焼きを食べることが多いようです。

せっかく来た初めての広島の夜。観光客やファミリー連れが多いお店よりも、地場の人がワイワイしているお店に行きたいとこちらを選びました。でも、今回は家族旅行の幼児連れでもゆっくりできるかいささか不安だったため、広く座れるベンチ席があったことを確認してから、開店すぐの夕方を選んで予約しました。


お好み焼きと肴の鉄板焼き

Okonomiyaki koshita 3 Okonomiyaki koshita 15 Okonomiyaki koshita 1 Okonomiyaki koshita 12 Okonomiyaki koshita 9

お好み焼きもオーダーしつつ、まずはハイボールの肴から。やっぱり定番のカキ焼き、辛いソースは別添えの豚キムチ、大好物の山芋焼きはポン酢とカツオであっさりとした味付けでした。


〆に人気のお好み焼きはちょうど良いボリューム

Okonomiyaki koshita 0

ねぎ焼き:たくさんの刻みネギと豚がはいったお好み焼き


Okonomiyaki koshita 19

越田スペシャルそば:肉、玉子、イカ天、ネギ


Okonomiyaki koshita 13

メガハイボール:鉄板焼きとゴクゴクイケる大ジョッキのハイボール


大阪のお好み焼きは、たっぷりキャベツが入った生地に濃いめのソースが基本。一枚、二枚食べればもうお腹いっぱいなイメージ。反対に広島のお好み焼きは麺が入っているとはいえ、ふんわりとエアリーな感じ。飲んだあとの〆にみんなが食べると聞いて納得しました。


カウンターが賑わうお店の心地よい騒がしさ

Okonomiyaki koshita 6 Okonomiyaki koshita 8 Okonomiyaki koshita 10

僕らが食べ終えるころにはお店の中もすっかり夜の街のよう。タバコをくゆらせながらハイボールを片手に、手際よくどんどん焼き上がるお好み焼きを見守る常連風なおっちゃん。カンカンと鳴る小気味良い小手さばきに相槌をうつように店員さんとしゃべる姿が広島の夜を印象づけます。

お店の人の許可はとったものの、僕はカウンターの気持ちの良さそうなお客さんをみてシャッターを切るのはそこそこにやめました。カウンターで楽しくハイボールとお好み焼きを楽しむお客さんの邪魔になりそうだったので。席にもどった僕は、コテが鉄板に当たる小気味良い音と何人もの喋り声が重なるお店の喧騒を肴に、残りのハイボールを飲み干しました。


これからも、ローカルにしかない空気感を味わう旅をしたい。

Okonomiyaki koshita 26

路面電車を待っていたとき、ちょうど広島カープの試合終わりに遭遇し赤いシャツを着た群衆を遠くに見つけて思わずシャッターを切りました。

お好み焼きを食べたこの広島の旅は、一歳児を連れた一泊二日の弾丸旅行でした。初めて乗った広島の路面電車に、行き先と乗り場が解りにくい上に思っていたより狭い車内。ベビーカーと二日分の荷物を詰め込んだカバンを夫婦で持って乗り込んだのも、良い想い出です。

諸説ありますが、「他の日々」を過ごすから「他日(たび)=旅」という言葉が生まれたと聞きます。幾つになっても無くならない好奇心が、ヒトと社会をここまで成長させたのだとしたら、僕たちが楽しむために旅をするのも意味があることのようです。


Shop info

店舗名お好み焼き 越田 胡店
住所広島県広島市中区胡町1-18
TEL082-249-2353
営業時間18:00~翌3:00
定休日日曜日
ACCESS広電銀山町駅下車 約徒歩2分 銀山町駅から約122m
MAP


AllSync

まだ広島のエピソードはあるのですが、また記事にできればなーと思っています。