SUBWAY 20141201

野菜たっぷりサンドが好きだ!
毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.です!

日本に3店舗しかない「SUBWAY831LAB(ヤサイラボ)」そのうちの1つに、梅田グランフロント店があります。「店産店消」をコンセプトに普通のSUBWAYにはない野菜を使ったサンドが食べられるこの特別な店舗に行ってきました。


SUBWAY野菜ラボグランフロント店はナレッジキャピタル2階にある。


SUBWAY 20141201

「SUBWAY831LAB」は「店産店消」をコンセプトに店内に植物工場を併設した店舗。
SUBWAYの商品はサンドイッチに野菜がたっぷり入ったフレッシュさが売り。なので、野菜に関心がある企業として、植物工場も視野に入れた野菜の供給を目指しているようです。

店舗には、ディスプレイにもなっている植物工場があり、その工場はなんと完全無農薬でレタス等を栽培しています。客席の一部として植物工場があり、そこで育つレタスやトマトを見ながら食事を楽しむことができます。

なお、店舗で提供するサンドイッチに使用するすべてのレタスは、植物工場産の無農薬レタスを使用されているが、店舗外の植物工場で生産されたものが使われているみたいです。


SUBWAY 20141201

お店の入口側から見た風景。
このように客席を取り囲むように、野菜工場のショーケースがあります。


SUBWAY 20141201

お店を入って、左側に注文カウンターがあります。
ご存じの方も多いと思いますが、まずはお会計前にサンドを注文して、その時にパンの種類や、ドレッシング、野菜の増減を店員さんと話しながら決めていきます。(全ておまかせでもOK。)


SUBWAY 20141201

野菜工場のショーケース。このように人工光で水栽培されているレタスが見られます。通常のレタス栽培よりも4倍くらい成長が早いそうです。


SUBWAY 20141201

ミニトマトのケース。残念ながらこの時は、まだトマトはなっていませんでした。


大人の贅沢サンドキャンペーンのサンドを野菜ラボ限定の野菜で喰らう!


SUBWAY 20141201

現在のキャンペーンで2種類のサンドがあるうちの「生ハム&マスカルポーネ」を注文。生ハムとチーズが大好物な僕にうってつけのサイコーなサンドイッチ!


831LABのサンドだけに使われているレタス「フリルアイス」。


SUBWAY 20141201

パンはおすすめのハニーオーツ。ドレッシングもデフォルトのバジルのままで。野菜はいつも通りww全て増しで注文しました。冒頭の写真でも分かる通りすごいボリュームですよね。ここまでたっぷり野菜を入れてもらえるのなら、ドレッシングも多めに入れて貰えば良かったな〜。

よく見ると、イメージ写真とレタスの種類が違うように見えますよね。
これが831LAB限定のレタスで、見た目がフリルのような葉っぱから、「フリルアイス」と呼ばれています。通常のレタスよりも、食感はパリパリとしていて水気が少ない感じでした。


SUBWAY 20141201

見てください!鮮やかな色のピーマンとトマト。そしてたっぷり入ったオニオンスライス。この辛味と食感が、サンドにアクセントを加えてくれています。


SUBWAY 20141201

そして、増量された野菜に負けじと、肉厚めの生ハムとクリーミーなマスカルポーネチーズがお目見え。
生ハムの塩気が野菜増しましでも、しっかりと味付けしてくれます。また、ティラミスなどスイーツに使われるイメージのマスカルポーネチーズが、ねっとりとした柔らかさで生ハムを包み込んでくれます。

ファーストフードといえば、ジャンクな美味しさが魅力的な部分もありますが、SUBWAYは少し毛色が違いますよね。より新鮮な野菜を提供するために、野菜工場を取り入れさらに食料自給率を上げる目標を掲げています。

どちらかと言えば今まで肉派のハンバーガー好きではあったのですが、こういったフレッシュなそれでいてお腹いっぱい野菜サンドを食べる。感覚的なものかも知れませんがそんな食事も気持ち良くなってきたんですよね。

関西では「大阪府立大学店」とこの「グランフロント店」のみでしか味わえないある意味特別なSUBWAYのサンドイッチになっています。この大量生産、大量消費で食事も意識せず当たり前のように消費していくこの時代に、自分たちが食べる食物の事に、少し意識を向けながらおいしいサンドイッチが食べられる「SUBWAY831LAB」。梅田でのランチまたはおやつに最適ですよ〜!




AllSync

昔ほど、食べられなくなってきちゃいましてこういったやさしいサンドが最近好きになってきました...これはこれで自分の幅が広がっているという事にしといてww。大昔の大食らいのジャンクフード大好きだった僕からしたら信じられない趣向の変化です。