LightUpCoffee

桜の季節の京都、鴨川デルタと桜並木のそばにあるコーヒーショップへ足を運んでみませんか。

毎日ワクワクしてますか!?"AllSync.jp"へようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

東京、吉祥寺にその当時まだ社会人1年目の相原さん、大学4年生だった川野さんの2人で始めたコーヒーショップがありました。

それは「LIGHT UP COFFEE (ライトアップコーヒー)」という"コーヒーで人々の生活を明るく照らす"というコンセプトからその名を付けられた自家焙煎コーヒーショップ。

創業は2014年7月で、その頃は学生起業のスペシャルティコーヒーロースターが東京にオープンしたという珍しさが記憶に残っています。そんな20代前半で起業した若き2人のコーヒーマンが、関東から中部を飛び越え関西の古都・京都にオープンが決まったと聞いたのは昨年10月ころのお話。

学生起業した東京のコーヒーロースターがたった2年で2店舗目の出店、しかも場所は関東ではなく京都であると、コーヒー関係の情報収集に使っているSNSやメディアでよく話題で、どんなお店かずーっと気になっていました。

最近、なかなか京都まで足を運ぶ機会がなかったのですが、今年の1月にジャパンコーヒーフェスティバルが京都・下鴨で開催、スケジュールの都合も良くイベントに参加できたその帰り道、「LIGHT UP COFFEE KYOTO(ライトアップコーヒー京都)」に寄ってコーヒーを飲んできたので紹介したいと思います。


"素材のよさ"を伝えたいコーヒーショップ「LIGHT UP COFFEE KYOTO」

LightUpCoffee

お店の入り口には京都らしさを感じる垂れ幕と天然木のウッドデッキが。


LightUpCoffee

"素材のよさ"が重要なスペシャルティコーヒーを伝えるため、お店の建材にこだわって設計したそうです。


店内へ

LightUpCoffee

お店を入り、振り返って入り口側を撮った写真。


LightUpCoffee

入り口すぐに、レジとバーカウンターがあるセルフスタイルのコーヒーショップ。細長い奥行きのあるお店で町家を思わせる作りに、大きな黒い石畳が印象的。


入口付近の物販の棚

LightUpCoffee

入り口には木の質感を活かした棚の上に、コーヒー豆が販売されていました。


LightUpCoffee

さらに入り口よりにはコーヒー器具の販売も。ライトアップコーヒーオリジナルのボトルも販売されています。


店舗奥は学習塾と併用

LightUpCoffee

お店の奥には京都らしい小上がりが。こちらはカフェと併設している学習塾の授業とコーヒーセミナーなどで使われているようで、常に客席としては開放されてはないかも。


ヒノキが印象的なバーカウンター

LightUpCoffee

ヒノキで作られたカウンターはとても日本的。素材を活かす手工品は、スペシャルティコーヒーの良いところだけを抽出するバリスタとも共通する、そんなメッセージが込められている。(モウソウ)


LightUpCoffee

もはやコーヒーショップ定番のグラインダー「EK-43」、天然素材のヒノキの天板にある無機質な漆黒の工業製品との対比に趣きを感じました。


メニューの紹介へ

LightUpCoffee

店頭入り口外側に置かれていた案内看板。


LightUpCoffee

エスプレッソベースのドリンクにドリップコーヒーなど。メニューはシンプルな構成で、フードはなし。


LightUpCoffee

スペシャルティコーヒーの販売豆リスト、京都店限定の「KYOTO BLEND」があります。


ライトアップコーヒーの看板メニュー、テイスティングセット

LightUpCoffee

コーヒープレスで淹れられた3種の産地が違うコーヒーを味わえる飲み比べセット。

コーヒーに添えられたカードには、産地・精製方法・味わいなどの説明書きが。関西方面では産地違いの飲み比べセットをメニューとして提供されているショップはまだ珍しいので、僕は嬉しかったりします。

コーヒーに興味ある方はぜひ一度、このメニュー試してみてください。きっとコーヒーの魅力を思い知らされるメニューですよ。


コーヒーをテイクアウトして、鴨川デルタから川沿いに桜並木を味わう散歩へ

LightUpCoffee

お店は鴨川デルタと呼ばれる三角州の直ぐそば。これからの季節、このあたりでは鴨川沿いの桜並木が名所として有名。そんな最高のロケーションにスペシャルティコーヒーショップが誕生したことになります。

老舗のコーヒー屋ではなく例えるならサードウェーブ系と言える新しい世代のコーヒーショップで、エアロプレスのセミナーやコーヒーに関する講座を精力的に開催されています。

「素材を大事にするコーヒー文化」を東京と京都から発信し続ける、コーヒーシーンを底上げする素敵なショップと感じました。京都・鴨川沿いの桜を楽しんだ後は、あなたも「LIGHT UP COFFEE KYOTO」で新しいコーヒーカルチャーを体感して下さい。


Shop info

店舗名LIGHT UP COFFEE KYOTO(ライトアップコーヒーキョウト)
住所京都府京都市上京区青龍町252番地
TEL075-744-6195
WEBWebsiteFacebookInstagram
営業時間8:00~19:00
定休日なし
Coffee menuエスプレッソ プアオーバー テイスティングセット
その他テイクアウト コーヒー器具・豆販売
ACCESS京阪・出町柳駅より徒歩1分、バス停・河原町今出川より徒歩1分
MAP


AllSync

アジアのコーヒー農園とのコネクションを強化する、クラウドファンディングにも注目です!!