BALMUDA The Pot

img via: BALMUDA The Pot


コーヒーを淹れることを楽しく、日常をワクワクさせてくれるアイテムがバルミューダより発売されます!!

毎日ワクワクしてますか!?"AllSync.jp"へようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

「バルミューダ」と言えばまだまだ記憶に新しいあの2万5000円もする高級トースターを大ヒットさせたプロダクトメーカー。

普段はキッチン家電なんて興味がない人たちもネットメディアなどでたくさん取り上げられていたので、知っている人も多いのでは??

そんなバルミューダから今秋10/21に発売予定となっている「BALMUDA The Pot」がプレスリリースされ話題となっています。

バルミューダの寺尾玄代表が「"BALMUDA The Toaster"で焼いた美味しいパンに合う美味しいコーヒーを自宅で淹れて飲みたい。」との想いから始まったこのプロダクト。

プレスリリースからたくさんのメディアに取り上げられており今さら感もありますが、この「BALMUDA The Pot」の商品紹介ページには近年の日本のコーヒーシーンを賑わすロースターやバリスタが、バルミューダポットを使ってコーヒーを淹れる動画が公開されています。

動画はHP内のみの公開となっていますが、そこら辺のリンクをかいつまんでコーヒー好きや、バリスタに興味がある人に向けて紹介したいと思います。


「BALMUDA The Pot(バルミューダ ザ・ポット)」¥11,000(税別)

BALMUDA The Pot

img via: BALMUDA The Pot


どんなキッチンにあっても、「おっ」と目がとまる引き締まったフォルムが特徴のBALMUDA The Pot

カラーはホワイトとブラックの2色展開となっています。


コーヒーを上手に淹れられる

BALMUDA The Pot

コーヒーを自宅で淹れる人にとって1番気になるのはお湯の注ぎやすさ。

こだわってコーヒーを淹れる人には、注ぐ量や持ちやすさなど気になるポイントがありますが、このポットは湯量をコントロールしやすいことを前提に作られていて、細長い注ぎ口のデザインはそのためだそう。

BALMUDA The Potは注ぎ心地を追求しており、ハンドルの重心バランスとノズルの形の調整に、40〜50種類の試作がされたそうです。


落ち着いた色味の高級感あるデザイン

BALMUDA The Pot

ボディとノズルはステンレス製でマットな質感に仕上げられています。

フタ、底部、ハンドルは樹脂製になっていて熱くならないように設計されており、金属製のポットを使っていた方はテーブルなどに置くとき、鍋敷きがいらないのは意外と便利に感じるかも。


コーヒー以外にも毎日使いたくなる電気ケトル

BALMUDA The Pot

img via: BALMUDA The Pot


ここでまたバルミューダの寺尾玄代表のこだわりを紹介。

バルミューダポットで語られるストーリーにカップヌードルのことが出てくるのですが、僕はそれが意外でした。だってこんなお洒落なポットなのに男臭いカップ麺の話をしなくてもと。(笑)

理由はバルミューダポットのコンセプトのひとつ、日常生活での使いやすさを追求していてカップヌードルを食べるときにストレスなくお湯を注げるようにもつくったから。(勢いよくお湯もでるそう)

コーヒー以外にもキッチン家電としてのバルミューダポットの完成度は高くて、男心をくすぐる(?)カップ麺のお湯を淹れるのに丁度良い600mlという容量のケトルになっています。


バルミューダのこだわり

BALMUDA The Pot

バルミューダポットのデザイン性を強調する電源ランプ。こういったところにもバルミューダの商品へのこだわりを感じます。


個性あふれるコーヒーマンたちのブリューイングガイド(※画像は動画があるページへのリンク)

フレンチプレス

BALMUDA The Pot

via: フレンチプレス | 淹れ方 | BALMUDA The Pot | バルミューダ

プアオーバー(ハリオV60)

BALMUDA The Pot

via: ペーパードリップ | 淹れ方 | BALMUDA The Pot | バルミューダ

エアロプレス

BALMUDA The Pot

via: エアロプレス | 淹れ方 | BALMUDA The Pot | バルミューダ

プアオーバー(ゴールドフィルター)

BALMUDA The Pot

via: 金属フィルター・ドリップ | 淹れ方 | BALMUDA The Pot | バルミューダ

日本を代表するコーヒーマンたちの所作に、自分でもコーヒーを淹れてみたくなるはず。

紹介した動画ページへのリンクには、世界の競技会での優勝者や、コーヒースタンドというスタイルでコーヒーを広めたロースターなど、コーヒー界のタレントたちがバルミューダポットを使ってコーヒーを淹れています。

コーヒーの淹れ方はたくさんあって、何だか面白そうだな〜と興味を持ってもらえる内容になっているのでぜひぜひ!見て下さい。

バルミューダというネームバリュー溢れるメーカーがコーヒー向けケトルを販売することで、日本のコーヒー好きが増えたらいいな〜と素人ながらに思いました。


AllSync

良いものであることは間違いないと思うのですが、ドリップする感覚は使ってみないとなんとも言えないかも。あとネックは値段かなぁ〜。