BROOKLYNROASTINGCOMPANY

日本最大級の複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」にアメリカンアートな雰囲気が漂うニューヨーク・ブルックリン発のカフェが誕生しました!!

毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

オープン前から関西では大きく話題になっていた、8つのエンターテイント施設と大型ショッピング施設が融合した「エキスポシティ(EXPOCITY)」が、2105年11月19日遂にグランドオープン。

その日本最大級の大型施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」内の別棟「H.L.N.A ZONE OSAKA EXPO CITY」というボードスポーツ系のアート、ファッション、カルチャーに関係のあるショップを集めたショッピングゾーンがあります。

そこに日本でサーフィンショップやカフェを運営する大阪の会社KIYOMO Inc.が、「Brooklyn Roasting Company Lalaport Expocity(ブルックリンロースティングカンパニー ららぽーとエキスポシティ)」をオープンしたと聞いて、さっそく行ってきました!


ニューヨークのコーヒーシーンを盛り上げるロースターカフェが、吹田のエキスポシティにオープン。

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

2010年ニューヨークのブルックリンのダンボ地区にロースターを構えたことから始まった「Brooklyn Roasting Company」

マンハッタンやブルックリンのカフェやレストランなどに卸されている彼らのコーヒーは、ニューヨーカーたちにも評判で、この異国の地の日本にもサーフィンショップを運営するKIYOMO Inc.によって届けられるようになりました。

僕が初めて「Brooklyn Roasting Company」を知ったのは、大阪は中之島の川沿いを眺望できる「BROOKLYN ROASTING COMPANY KITAHAMA」に訪れたことから。

僕が自宅の一角にカフェスペースを作るとすれば、このお店を真似したいと思うコーヒーショップで、無骨でシンプルながらもセンスあるアイアンとウッド系の店舗デザインにすぐファンになりました。

今回、新しくオープンした「ブルックリンロースティングカンパニー ららぽーとエキスポシティ」は、大阪モノレールの「万博記念公園駅」を降りてすぐのエキスポシティ内にあります。

まず「エキスポシティ」に入るとエンタメ施設がたくさんあって、どこに行こうか迷いました。(笑)

お店に行くには正面に見える「109シネマズ大阪エキスポシティ」と右手に見える「OSAKA ENGLISH VILLAGE」のあいだを通って「ららぽーと」に向かい、階段とエスカレーターを上がります。

「ららぽーと」に入るためのエスカレーターを上がると、左手に見えるのが「ブルックリンロースティングカンパニー ららぽーとエキスポシティ」(以下、ブルックリンコーヒー)です。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

「ららぽーと」の入り口の一つという好立地にお店がありました。このように通路の目立つ場所に看板とベンチが置かれています。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

路面に置かれたメニュー看板。

ブルックリンコーヒーが久しぶりの来訪だったのですが、サンドイッチの軽食メニューやソフトドリンクが増えたような気がします。ティータイム以外でも楽しめるメニュー内容ですね。


建物の入り口そばにお店はあります。

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

「ららぽーと」の「H.L.N.A ZONE OSAKA EXPO CITY」というショッピングゾーンの入り口にあるのですが、ガラス張りの建物内からグラフィティアートを思わせるショップロゴが目立っています。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

入ってすぐにブルックリンコーヒーを見たところ。

ブルーを基調とした文字に黄色のアクセントが入ったショップロゴ、ラフなコンクリート調の壁紙が大っきなショップロゴを際立たせています。


女性バリスタさんに快く撮影を許可してもらいました。

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

写真はレジ横のメニュー表です。(あっ、指入っちゃった...。)

オーダーするついでに、店内の撮影許可を訪ねると「ありがとうございます!」と快諾して下さいました。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

ペストリーケースには、ペンで商品名が書かれています。手書きのラフな感じがかっこいいですよね。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

レジから横に伸びるカウンターには、コーヒーグッズやミル、そしてエスプレッソマシーンが並んでいました。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

ひときわ目立つ「ピンクのシネッソ」、エスプレッソ系のコーヒーショップの顔でもあるエスプレッソマシーン。ここのブルックリンコーヒーのシンボルですね。


座席は窓際にカウンター、奥にベンチシートがあります。

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

窓際に配置されたカウンター。コンセントも用意されているのでちょっとした作業にも使えそう。(Wi-Fiがあるか確認するの忘れましたが..。)


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

カウンター用のスツール。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

もう一個パシャリ。

木の目によってショップロゴの焼きがかわって味があります。

以前、ブルックリンコーヒー北浜店におじゃました際に聞いたのですが、店内の内装やちょっとしたアイテムは自分たちで手作りしているそう。

このスツールもお店のお人が作ったのかな〜って思ったり。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

お店の奥は、木のベンチシートのテーブル席になっています。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

丸テーブルが4つ並んでおり、4名以上でも座れます。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

この椅子にもショップロゴの焼き印が。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

お店の奥の壁には印象的なショップロゴ、棚の上にはコーヒー缶や抽出器具など並んでいました。北浜のように物販なんかも充実していくのでしょうか。


レジで注文をして、エスプレッソマシーン横のカウンターで受け取るセルフ方式。

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

注文はエスプレッソマシーン横のカウンターで受け渡しをしていて、そこには砂糖やミルク、ペーパーなどが用意されています。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

お水は手書きのPOPなサーバーに入っていました。


ドリンク2種類とスコーンを注文。

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

今回注文したのは、ラテ¥480-とコルタド¥420-、そしてラムレーズンのスコーン¥300-。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

バリスタのお姉さんが淹れてくれたラテアートが綺麗です。

最近のコーヒーショップは、これくらい出来て当たり前のようにラテアートしてくれますが、それだけ日本のショップのレベルが高くなっているんでしょうね。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

もう一つ注文したコルタドです。

僕的には、この頃よく見聞きするようになったエスプレッソ系のドリンクの名称。ラテよりもスチームミルクの量が少なめなのが、コルタド...のはずです。

お店によって多少違ったりするのかもしれませんが、バリスタさんに聞いてみれば良かったな...。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

ブルーベリースコーン。モシャモシャ度が強めの食べごたえありの美味しい生地で、たっぷりのラテをお供にしたくなるコーヒー屋さんにピッタリのスコーンでした。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

おお!ここにもブルックリンコーヒーの焼き印が。僕が家で使っているコーヒー用のトレイにも焼き印して欲しい。


ポイントカードとステッカー

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

ブルックリンコーヒーさんはしばらくご無沙汰だったので、いつからかポイントカードができていました。ワンドリンク注文毎にポイントがたまり、10杯の注文で1杯サービスとなるようです。

ポイントカードの説明書きがないので、おそらくどんなドリンクでもサービスしてくれそう。(使用の際は店員さんに確認してください。)こういった良い意味でアバウトなノリもお店のカジュアルな雰囲気とあっていて、好きですね。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

オープンして間もないからか、ショップロゴのステッカーをもらえました。僕はコーヒーショップのデザインが好きでお店に行ったりするので、こういうのは嬉しいです。


サンドイッチも食べました。

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

そういえば、最近始めたっぽいサンドイッチを見かけないな〜と思ってもう一度レジの方に。レジ向かって右手側にサンドイッチ用のケースがありました。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

その上にはブルックリンコーヒーがローストしたコーヒー豆さんたちが。

こちらのお店はカンカンに入っているのが特徴なんですよね。カンカンに貼られたブレンドの名前やシングルオリジンのシールがユニークです。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

サーモンとアボガドとクリームチーズのサンドイッチ¥750-を買ってみました。

こちらのサンドイッチのパンは「ザ・シティベーカリー」というパン屋さんのものを使っています。このパン屋さんもNY発で大阪にはグランフロントだけにしか店舗はありません。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

ビニールの包装を取れば、ペーパーに包まれた1枚のパンをツーピースにカットされたものが入っています。ペーパーに包まれているので、手を汚さず手持ちで食べられるのが嬉しいですね。


BROOKLYNROASTINGCOMPANY

パン1枚を使ったボリューミーで具だくさんなサンドでした。サーモンは焼鮭になっていて焼き魚とクリームチーズが口の中で混ざり合った風味が、僕には新鮮で美味しかったです。

昔よりパンもたくさんの種類が作られるようになって、サンドイッチとはいえ中身の具に趣向を凝らせば、(大げさですが)無限大の可能性がある食べ物だな〜って思います。

作り置きもできるサンドイッチのような軽食はコーヒーショップにとって、お店の可能性やカラーが出せる重要なフードですよね。


ニューヨークのコーヒーシーンを体感できるショップ!

BROOKLYNROASTINGCOMPANY

アメリカ発のコーヒーシーンといえば、シアトルがある西海岸のイメージが強いですよね。

しかし、逆に位置するアメリカ最大都市のニューヨークにも、もちろんコーヒーシーンはあって、「ブルックリンコーヒー」のようなNYでしか味わえなかったコーヒーショップが、日本でも味わえるのは嬉しいことですよね。

ニューヨークのコーヒーショップは、僕が知るかぎり日本ではまだあまり話題になってない印象です。ブルックリンコーヒーなどをきっかけに、まだ日本で知られていないニューヨークのコーヒーショップが上陸して、僕たちコーヒーファンを喜ばせてくれたらいいですね。


◆Information

BROOKLYNROASTINGCOMPANY
店名ブルックリン ロースティング カンパニー ららぽーとEXPOCITY店
(BROOKLYN ROASTING COMPANY)
TEL06-4860-6386
WEBBrooklyn Roasting Company Lalaport Expocity(Facebook)
住所大阪府吹田市千里万博公園2-1 ららぽーとEXPOCITY 1F
ACCESS大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩約2分 万博記念公園駅から506m
営業時間10:00~21:00
定休日不定休(ららぽーとEXPOCITYに準ずる)

AllSync

ららぽーとエキスポシティ店では先日、ハンドドリップセミナーが開催されていました。これからもコーヒー好きに向けたセミナーの開催を期待しています。