CoffeeNews21051230

Original Update by: Hiro - Kokoro☆Photo


日本に新しいコーヒー文化のブームを巻き起こしたスターバックスが、日本に上陸して20周年がたったようです。

毎日ワクワクしてますか!?AllSync.jpへようこそ。Sync.(@AllSync.jp)です!

昨年はTOB(株式公開買い付け)により、スターバックスコーヒージャパンは米国本社の完全子会社となりました。こういった経営的な話は、株式を実際に持っていた方やそういった経済の流れを勉強している方には興味深い話だったかもしれません。

しかし、そのような経営的なことは僕達消費者からは縁遠い話で、実際にサービスがガラッと変わるわけではなく、実際にそういった話を知らない人も多いと思います。

そんな20周年を迎えたスターバックジャパンに、ビジネス誌としても有名な「東洋経済オンライン」が、現スターバックジャパンCEOの関根さんのインタビュー記事があったので、斜め読んでみました。


これからはスタバは「コーヒー」以外のサービスが増えていく!?

CoffeeNews21051230

Original Update by: Nee!


東洋経済オンラインのインタビューで、五年後のスターバックスジャパンの事を聞かれ、CEOの関根純氏はこのように答えています。


――5年後のスタバはどういう姿になっているのか。

5年先は間違いなく自分はいない(笑)。ただ、いないからこそ絵を描いてあげないといけない。現場の人達は一生懸命やっているけど、その人たちに5年後の絵は描けない。それがリーダーシップである私の仕事だ。

あとは自分たち主導というより、米本社がどういう意向でやるのか。それをやみくもにやるのではなく、日本流にアレンジをしてビジネスにつなげていく。新しいことを1つ2つやっているのが5年後だと思う。

今までも米本社とは何度もケンカしてきたけど、ケンカする度に信用が高まってきた。もちろん、それは数字の裏付けがあるからだとは思っている。これからもできることとできないことは、はっきりと伝えていく。

via: スタバ代表「コーヒー以外にも挑戦したい」 | 東洋経済オンライン

うん、結果この記事を読んで目立ってこうだとはわかりませんでした。(笑)ちなみに、米国本社のスターバックスでは紅茶専門店の「ティーバナ」というブランドをオープン。

日本でもそのうち紅茶専門店がオープンされるという話と、既存のスターバックスでも紅茶の販売(以前からティーバナではない紅茶は提供されています)が始まるということですが、今回のインタビューでも全く触れていなかったので、実際はどうなんでしょうねぇ...。



そういえば、リザーブロースタリーの日本進出もまだでしょうか。かんなり楽しみにしています。↓↓

AllSync

マクドのコーヒーを飲みながら、スタバの記事を書いていますww。